GO THE WILD SIDE OF MUSIC VOL.14 ReN

GO THE WILD SIDE OF MUSIC VOL.14 ReN
変化し続ける音楽シーンという“荒野”に足を踏み入れ、新しい音楽を生み出そうとしている次世代のアーティストを紹介。第14回はシンガーソングライターの新しい形を模索するReN

PHOTOGRAPHY: SHINTO TAKESHI 
TEXT: ITAKO JUNICHIRO

 

DNA MUSIC
ReNの創作意欲を鼓舞し続ける30曲

シンガーソングライターとしての在り方を模索するReNが、シンガーとして、ギタリストとして、そしてコンポーザーとして影響を受けてきた30曲


 

INTERVIEW
シンガーソングライターは自由で在るべき

 
ReNが最初に抱いた夢は音楽ではなかった。小学2年生の時に生で観たF1レースに衝撃を受け、プロのドライバーを目指すことを決意。そして彼は高校を辞め、モータースポーツの本場イギリスに単身で渡り、夢を追いかけ続けた。その結果、見事プロのドライバーになり数多くのレースに参戦することに。しかし、そんな彼に大きな挫折が訪れる。
 
 
「19歳の時、日本でのレースでクラッシュして、大怪我を負ってしまったんです。それで、もう一度ドライバーとして再起することができなくなって……そんな時に自分を救ってくれたのが音楽でした。レーサーという命を張った極限状態だった時に背中を押してくれていたのも、音楽でしたし、自分は小学生の頃からギターにも慣れ親しんでいました。ひとつの夢が終わってしまった自分の思いを言葉にして吐き出し、それをメロディに乗せてみようと思い、入院中のベッドの上で曲を作り始めたんです」
 
 
助けを求めるように音楽を作り始めたReNがもっとも影響を受けたのが世界的シンガーソングライターのエド・シーランだった。
 
 
「怪我をした三カ月後にエドの来日公演を観たんです。以前から大好きなアーティストでしたが、そのライブでエドはルーパー(その場で音を重ねながら多重演奏できる機材)を自在に使いこなし、たったひとりで音楽を奏でていて……その姿に鼓舞されて、自分もたったひとりで様々な景色や感情を描き出すような音楽を作ってみたいと思った。そこから試行錯誤の日々が始まりました」
 
 
本格的に音楽活動を始めたReNは、2016年に初のアルバム『Lights』をリリース。以降、ONE OK ROCKのツアーにゲスト出演するなど着実にキャリアを積んでいる。そんな彼が生み出す音楽は、アコースティックサウンドが主軸にありながらも、多彩なアレンジを施すことで、スケール感のある楽曲になっている。
 
 
「自分の根っこにあるのはやはりギター1本で紡ぎ出すフォークミュージックなんだと思います。そこに今の時代ならではのサウンドのエッセンスを加えることで、歌の景色を描きだしていくということを意識しています」
 
 
そうして生まれた彼の楽曲の歌詞は英詞が気持ちよく聴こえるメロディと日本語詞の美しさや情緒が無理なく共存しているように感じる。
 
 
「最初に曲を作り始める時は英語で歌詞のイメージを膨らませていくんです。そのほうがメロディが生まれやすいんですよね。でもそこで僕は英語から日本語に歌詞を置き換えたりする。そうすると曲全体のニュアンスが変化していくので、どちらの良さもしっかり残るバランスを見極めながら作っています」
 
 
そして彼は自分が考えるシンガーソングライターの在り方について教えてくれた。
 
 
「僕はシンガーソングライターにはこう在るべき、という形はないと思っていて。どんな楽器を使ってもいいし、どんな曲を作ってもいい。しかもそのスタイルはどんどん変わっていっていいと思う。そういう意味では、バンドよりも自由な表現スタイルなんじゃないかな、と思ったりもする。そのことを意外に多くの人が忘れているような気もしていて。“曲を作り”、“歌う”のがシンガーソングライターですからね」
 
 
さらに彼は言葉を続ける。
 
 
「自分はどこかアスリートのような感覚で音楽をやってきていたのかな、と思うんです。ライブではルーパーを使い、全部の音をひとりで鳴らしているのも、ドライバー時代に頭と身体全部を使いマシーンを操っていたということもあるのかもしれないなって。それが自分の性に合っているのはたしかだけど、今後はより音楽のアート性というものの可能性を自分なりに探っていけたらと思っています」

GO THE WILD SIDE OF MUSIC VOL.14 ReN

ReN 1994年生まれ。20歳から本格的な音楽活動を開始。ギター1本でステージに立ち、ルーパーを使い、様々な音を重ねていくスタイルで注目を集める。これまで2枚のフルアルバムと1枚のEPをリリース。ren-net.com
ReN Spotify オフィシャルアカウント