インタビュー

マシュー・シャープの週刊小説トップMONKEY

【MONKEY特別企画】作家マシュー・シャープ インタビュー Vol.2「物語とは何かを探り出すための新たな実験室」

MONKEYでもおなじみの作家マシュー・シャープが、自身のウェブサイトで2013年からの約1年間、毎週アップし続けた短篇小説連作Very short stories r usを、MONKEY責任編集の柴田元幸が毎週一本翻訳するスイッチWEB MONKEY定期購読「マシュー・シャープの週刊小説」。同連載の完結を記念し、柴田元幸が著者のマシュー・シャープをインタビュー!

マシュー・シャープの週刊小説トップMONKEY

【MONKEY特別企画】作家マシュー・シャープ インタビュー Vol.1「書くしかない、と決めて机に向かう」

MONKEYでもおなじみの作家マシュー・シャープが、自身のウェブサイトで2013年からの約1年間、毎週アップし続けた短篇小説連作Very short stories r usを、MONKEY責任編集の柴田元幸が毎週一本翻訳するスイッチWEB MONKEY定期購読「マシュー・シャープの週刊小説」。同連載の完結を記念し、柴田元幸が著者のマシュー・シャープをインタビュー!

SWITCH

【本誌未掲載テキスト特別公開】作詞家・松本隆インタビュー Vol.2

「いつも本を読んでいるんだから詞を書けるだろう?」。松本隆は2つ年上の細野晴臣にそう言われ、詞を書くようになったのだという。そこから現在に至るまで、松本は詞を書き続けてきた。そんな松本の言葉は、今や海を越え、時代を超えて人々を魅了し続けている。言葉、生と死、そして松本のこれからについて話を訊いた——

バンド・デシネ

『HARUKI MURAKAMI 9 STORIES どこであれそれが見つかりそうな場所で』 Jc ドゥヴニ & PMGLインタビュー

フランス人アーティストが村上春樹の短編をバンド・デシネ化するシリーズ「HARUKI MURAKAMI 9 STORIES」。その第6巻『どこであれそれが見つかりそうな場所で』の刊行記念として、翻案を手がけるJc ドゥヴニと漫画を担当するPMGLの2人に、原作への興味深い考察や制作の秘密について話を訊いた——