操上和美

SWITCH

表紙巻頭は岩本照(Snow Man)、「ダンス」をコンセプトにした撮り下ろしフォトストーリー掲載!特集は「ダンス写真」。RIEHATA、市川染五郎+操上和美、小浪次郎、MIKIKO+真鍋大度の特別対談も(SWITCH 6月20日発売号)

表紙巻頭には岩本照が登場!撮り下ろしフォトストーリーのコンセプトは「ダンス」。インタビューでは、“芝居”と“ダンス・振付”という2つの表現について語る。 映画『モエカレはオレンジ色』での消防士役においても大きな武器となっ...

COYOTE

沖縄の多様な文化と人々が育んできた生きる知恵を見つめる1冊(Coyote No.76 沖縄の夢 3月15日発売)

3月15日発売のCoyote No.76は「沖縄の夢」と題して、今年5月15日に本土復帰50周年を迎える沖縄を特集します。今号ではそんな沖縄の人たちの暮らしに焦点を当て、沖縄が誇る伝統工芸「芭蕉布」をはじめとする衣・食・住の視点から改めて沖縄の魅力に迫りました。

SWITCH

写真家・操上和美の髄をここに。特集90ページ完全保存版(SWITCH 2021年9月号)

操上和美85歳。広告からドキュメントまで、縦横無尽に写真の世界を渡る巨匠。SWITCHとのはじまりは1988年のキース・リチャーズ独占特集だった。以来、操上和美とSWITCHの物語は現在まで持続してここにある。操上和美の人の軌跡を物語る写真の魅力とは何か。SWITCH創刊36年目の今、満を持して写真家・操上和美を90ページにわたり特集します。

SWITCH

変わり続ける街「原宿」の過去・現在・未来をこの1冊に——SWITCH原宿特集75ページ完全保存版!!(SWITCH 10月20日発売号)

「SWITCH」は小泉今日子連載「原宿百景」にて、文字通り100回を迎えた2015年末まで9年間にわたり原宿の定点観測を続けました。連載終了から約5年——。原宿は今、さらなる変化の季節を迎えています。「明治神宮鎮座百年」、そして「原宿表参道百年祭」を機に、原宿という街を75ページにわたり特集します。