森山大道

COYOTE

【7月15日発売】Coyote No.71
特集 森山大道 東京パンデミック

新型コロナウイルスで世界の様相が一変する中、半世紀以上にわたって都市を撮り続けてきた写真家はいったい何を思い、どう過ごしていたのか——。混乱する時代を生きる手がかりとして、『Coyote』は2004年の創刊の原点である写真家・森山大道を、今改めて特集します。*第2特集 チャチャポヤス・ミステリー「ペルー北部アマゾナスへ 古代への扉を開ける」

SWITCH

【『月光写真』刊行記念特別公開】対談 森山大道 × 荒木経惟 後編 写真よさようなら

荒木経惟写真集『月光写真』刊行記念、森山大道×荒木経惟対談第2回。「モノクロは『影』。森山さんは『影』を撮っている。私は『陰り』を撮っている」荒木経惟は森山大道の世界を「影」と表現する。森山のカラーもモノクロもトーンは漆黒であると。そこに写り込むすべては森山自身の影であると。

SWITCH

【『月光写真』刊行記念特別公開】対談 森山大道 × 荒木経惟 前編 モノクロームへ

荒木経惟写真集『月光写真』刊行記念、森山大道×荒木経惟対談第一回。「モノクロは『影』。森山さんは『影』を撮っている。私は『陰り』を撮っている」荒木経惟は森山大道の世界を「影」と表現する。森山のカラーもモノクロもトーンは漆黒であると。そこに写り込むすべては森山自身の影であると。