日本の渓を知り尽くしたフィッシングギア

アングラーパック15
アウトドアブランドであるモンベルならではの発想から生まれたのが、このバックパック。ベストとバックパックの融合により、抜群のフィット感で、荷物の揺れも少ない。オートロックジッパーなど細かい配慮も随所に。¥10,120(税込)

写真=ただ 文=櫻井卓

 
モンベルには40年を超える年月、日本の自然を見続けていたという強力なバックボーンがある。そんなモンベルが作るフィッシングギアも、日本の自然に寄り添ったものが多い。

コンセプトは、同ブランドが設立以来掲げている「Function is Beauty(機能美)」と「Light & Fast(軽量と迅速)」。今では普通に使われるようになった「ライト&ファスト」だが、実はモンベルが世界に発信したコンセプト。急峻な渓が多い日本においては、軽く、素早くというのは、釣果だけに限らず安全にもつながる。

幅広いジャンルのアウトドアギアを長年作り続けた経験を活かした工夫も随所に見られる。例えば「アングラーパック 15」はトレイルラン用のバックパックから着想を得た、ベストとバックパックを融合させたような形状。動きを妨げることなく、必要最低限の釣り道具を身にまとって釣行できる。日本の渓流においては水場以外の移動も多いので、ウエイディングシューズのアウトソールにはフェルトではなくグリップ力に優れた独自のラバーソールを採用。日本のフィールド事情を熟知したモンベルならではの工夫と言える。当然、換えのシューズが不要になるから「ライト&ファスト」にも繋がる。他にもレインウェアで培った縫製技術を駆使し、動きやすさと丈夫さを兼ね備えたウエイダーなど、細かい配慮は枚挙に暇がない。

釣りは自然観察である。地形はもちろん、水の流れ、生態系など釣りを通じて得られる知識は膨大だ。長じてそれは環境配慮にも繋がる。モンベルのフィッシングラインは、釣果だけでなく、そういった気づきを与えてくれる存在でもあるのだ。

Slider
 
more info ☞ www.montbell.jp/