【1月24日(金)開催】佐内正史 トークイベント
「ピトメキ」〜写真と詩のお話〜
 ゲスト: 中村一義

12月20日に発売されたSWITCH最新号、特集:佐内正史[無限の写真家]の刊行記念トークイベントをSWITCH編集部の地下にあるRainy Day Bookstore&Caféにて開催。


日程 2020年1月24日(金)
18:30 OPEN
19:00 START
会場 Rainy Day Bookstore & Cafe
東京都港区西麻布2-21-28 スイッチ・パブリッシングB1F
参加費 1,600円
申込方法 下記のリンクよりチケットをご購入ください。
*ご購入済みチケットのキャンセルはお断りさせていただいております。あらかじめご了承ください。
お電話でのお問い合わせ 03-5485-2100

 

プロフィール

佐内正史(さないまさふみ)
写真家。1968年静岡県生まれ。写真集『生きている』(青幻舎/1997年)でデビュー。2003年、私家版『MAP』(佐内写真事務所/2002年)で木村伊兵衛賞を受賞。2008年からは独自レーベル「対照」を立ち上げて私家版写真集を発表し続けている。

中村一義(なかむらかずよし)
1997年、シングル「犬と猫/ここにいる」でデビュー。セルフプロデュース、そしてすべての楽器をほぼ一人で録音したデビューアルバム『金字塔』は独特な日本語詞と卓越したポップセンスにより、日本のロック・シーンに多大なインパクトを与えた。そしてアルバムごとに進化を遂げる多彩な音楽性と、緻密に構築された音世界は多くのリスナーを魅了している。2004年からは、バンド『100s』(hyaku-shiki)の活動を開始。2012年より、中村一義名義で再始動する。その存在の独自性を打ち出し続けるレコーディング作品は、これまでにソロ名義・バンド名義合わせて9枚のオリジナルアルバムを発表。2020年2月5日に記念すべき10枚目となるアルバム『十』をリリース、全国でライブを予定している