【11月29日(金)開催】「カイル・シェパード ピアノトリオ」トーク&ミニライブ

Song Lines vol.2
~A Portrait of Home ルーツの肖像~
2019.11.29 Fri. @RainyDay Bookstore&Cafe

南アフリカ出身のカイル・シェパード(Pf)、クロード・カズンス(Dr)、そして日本の松永誠剛(B)によるピアノ・トリオ トーク&ライブイベントを開催します。

“アフリカン・ピアノの継承者”として名高いジャズ・ピアニスト カイル・シェパード。ルーツミュージックの伝統を確かに継承しつつ、現代音楽へと昇華させたその演奏は、今ジャズシーンの最先端で多くの耳目を集めています。

今回のイベントではカイル、同じく南アフリカ出身のドラマー クロード・カズンスに、国境を超えた音楽での繋がりを求めて世界を旅するベーシスト・松永誠剛が合流。南アフリカの音楽や歴史をトリオでの演奏を交えつつ紐解きます。トーク訊き手は幅広いジャンルの音楽に造詣の深いブロードキャスター ピーター・バラカンです。

通常では見ることが出来ない規模での貴重なライブ。奮ってご参加下さい。

“ルーツ・ミュージックであり、最先端”

「コンピューターにはアフリカが足りない」かつて、ブライアン・イーノが予言めいた言葉を残した。1994年にアパルトヘイトが完全撤廃され、“壁”がなくなったタウンシップ(旧黒人居住区)のリビングルームには、MTVを通じて欧米の文化が流れ込み、グローバル化という言葉と共に、タウンシップの音楽、そして、アフリカの大地に残る伝統文化は薄れていった。

1987年生まれのカイル・シェパード、“アフリカン・ピアノの継承者”と呼ばれ、カーネギー・ホールからインドのジャズ・クラブまで世界中の聴衆を魅了している。西欧に生まれたピアノを“翻訳者”にアフリカの記憶を蘇らせ、人々に伝えている。

原始の音楽と人との関わりから、21世紀のアフリカ音楽の響きまで、演奏を交えながら、対話と共に音楽と人類の旅の記憶を紐解いていく。

日程 2019年11月29日(金曜)
18:30 OPEN
19:00 START
会場 Rainy Day Bookstore & Cafe
東京都港区西麻布2-21-28 スイッチ・パブリッシングB1F
入場料 3,000円
出演者 カイル・シェパード Kyle Shepherd
クロード・カズンス Claude Cozens
松永誠剛 Seigo Matsunaga
訊き手:ピーター・バラカン Peter Barakan
申込方法 下記のご予約ページよりチケットをご購入下さい。
*受付は定員に達し次第終了となります
*ご購入済みチケットのキャンセルはお断りさせていただいております。あらかじめご了承ください。
お電話でのお問い合わせ 03-5485-2100

カイル・シェパード Kyle Shepherd 
ピアニスト/作曲家
1987年、南アフリカ生まれ。NYのカーネーギー・ホールからインドのジャズ・クラブまで世界中の聴衆を魅了する音楽を生み出す“アフリカン・ピアノの継承者”カイル・シェパード。 1987年、南アフリカに生まれ、アフリカン・ピアノの巨星アブドゥーラ・イブラヒ ム(ダラー・ブランド)はもちろん、キース・ジャレットやエスビョルン・スベン ソンの影響を大きく受けた、アフリカ音楽シーンの新時代を担う存在としてデ ビュー以来注目を集める。2011年に実現した初来日公演では三日間の公演がソールドアウトと高い人気を得ている。2014年にはスタンダード・バンク・アワード最優秀新人賞を受賞。現在、ベナン出身のギタリスト、リオーネル・ルエケとの活動や現代美術家ウィリアム・ケンドリッジとのコラボレーション、映画音楽の作曲など南アフリカを拠点 に活動している。
http://kyleshepherd.co.za/

 
 

クロード・カズンス Claude Cozens  
ドラマー/ピアニスト/作曲家
1989年、南アフリカ生まれ。ケープタウンの街が生み出す、モザイク画のような多様な文化の中で育ち、“Goema”と云うリズムのキャンバスに色彩豊かな、グルーヴを描く音楽家。ドラマーとしてだけでなく、作曲家としても才能に溢れ、様々なプロジェクトを展開している。2017年から、世界中の伝統文化の探求のため、拠点をケープタウンからヨーロッパ、中東に移し活動を展開している。原始的な人類の音の記憶、タウンシップ時代の音楽の憂い、“ルーツ・ミュージックであり、最先端の響き” アフリカ音楽の歴史を体現するドラマー。

 
 

松永誠剛 Seigo Matsunaga
コントラバス奏者/作曲家
1984年、福岡生まれ。幼少期を義理の大叔父である作家・大西巨人の本に囲まれて過ごす。17歳の夏をボストンの音楽院にて過ごし、その後、NYでマシュー・ギャリソン、コペンハーゲンでニールス・ペデルセンのもとで音楽を学ぶ。これまで南アフリカからインドまで世界各国で演奏を行い、エンリコ・ラヴァ、ビアンカ・ジスモンチ、ビリー・マーティン、ティグラン・ハマシアンなどと共演、活動を行っている。宮古島の古謡との出会いをきっかけに世界各地の古謡の研究を始め、與那城美和と共にMyahk Song Book、IMA SONG LINESの活動を行っている。写真家・上田義彦氏と大鼓・大倉正之助氏との写真と響きのコラボレーション、舞踏作品の音楽や、オダギリジョー監督作品「ある船頭の話」の映画音楽にも参加。雑誌や新聞連載の執筆など活動は多岐にわたる。2017年には“自然との再会を通じた、人間の再生”をテーマに屋久島の森を舞台にHomenaje Projectを始める。現在、佐賀「SAGA SEA 」のアーティスティック・ディレクターを務め、福岡の“古民家 SHIKIORI”を拠点に畑と田んぼに囲まれながら、世界中から集まる人々との対話を重ねている。
http://shikiori.net/

 
 

ピーター・バラカン
ブロードキャスター
1951年ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。現在フリーのブロードキャスターとして活動、『バラカン・ビート』(インターFM)、『ウィークエンド・サンシャイン』(NHK-FM)、『ライフスタイル・ミュージアム』(東京FM)、『ジャパノロジー・プラス』(NHK BS1)などを担当。著書に『ロックの英詞を読む~世界を変える歌』(集英社インターナショナル)、『ラジオのこちら側で』(岩波新書)ほか多数。2014年から自らが監修する音楽フェスティヴァル『Peter Barakan’s LIVE MAGIC!』を毎年10月に開催している。毎週土曜の23時よりJ-WAVEにてオンエア中の「RADIO SWITCH」では、一つのテーマを元に曲や時代背景を紹介・解説する特集「BARAKAN SWITCH」のパーソナリティを担当。
ピーター・バラカン オフィシャルサイト

 
 

関連イベント

11月30日-12月1日にめぐろパーシモン・ホールにて開催される「ザ・ピアノエラ2019」にもカイル・シェパードトリオが出演します。ぜひ併せてお楽しみください。

イベント 「ザ・ピアノエラ2019」
カイル・シェパードトリオ出演日程 2019年11月30日(土)
16:15 OPEN
17:00 START
会場 めぐろパーシモンホール
〒152-0023 東京都目黒区八雲1-1-1
参加費 前売6,800円/当日7,800円
出演 Kyle Shepherd
Claude Cozens
Seigo Matsunaga ほか
予約方法 チケットのご購入は「ザ・ピアノエラ2019」ホームページまで。
https://www.persimmon.or.jp/series/20190706152832.html