画家・平松麻の原画展「TRAVELOGUE」1月28日(日)から本と商い ある日、にて開催。

oneday
scan_001
scan_002
scan_003
scan_004

朝日新聞にて約2年間連載されたジョナサン・スウィフトの『ガリバー旅行記』(柴田元幸訳)の物語を彩った挿画を一冊にまとめた画集『TRAVELOGUE G』の刊行を記念して、画家・平松麻の原画展を開催。原画展のテーマは「TRAVELOGUE」。平松が『ガリバー』の世界を旅し、それを画として「記録」したその軌跡を再現します。その巡回展として熊本、東京、京都、北海道と続いた旅もついに沖縄へ。2024年1月28日(日)〜2月15日(木)まで、「本と商い ある日」にて原画展を行います。 週間連載時に生まれた挿画84点の中から厳選し、さらに連載を終え、時間を経てからあらためて描いた作品も展示します。300年前に紡がれた傑作風刺小説を、画でどう体現したのか、平松麻の旅の記録をぜひ会場で体感ください。

平松麻 原画展「TRAVELOGUE」
会期|2024年1月28日(日)— 2月15日(木)
*定休日については営業カレンダーをご確認ください
時間|11:00 — 17:30
在廊予定日|2024年1月28日(日)、29日(月)
場所|本と商い ある日、〒904-2316 沖縄県うるま市勝連比嘉20−1)

ワークショプ<イギリス製のコットンペーパーに描く>
「ガリバー旅行記」は1726年にロンドンで初版本が刊行されました。そのため展示作品の原画にもイギリス製の紙が使われています。同じ紙をみなさまにもお分けします。なんでもやりたいようにやりたい分だけ自由に描いてみてください。(平松麻より)
日時|2024年1月28日(日)11:00 — 17:00
参加費|1000円+ワンドリンク
所要時間|お好きなだけ
*アクリル絵具のグァッシュは服についたら取れないので、汚れてもいいお洋服だと安心です。

平松麻(ひらまつ あさ)1982年生まれ。画家。油彩画を中心に、主なモチーフとして自身に内在する景色を描く。書籍の挿画や表紙画・新聞・雑誌、文筆も手掛ける。