高砂淳二 写真集 & 写真展「PLANET of WATER」

2019年6月3日、北極から南極、海の中、虹など、地球全体をフィールドに活動する写真家・高砂淳二さんによる写真集『PLANET of WATER』が日経ナショナル ジオグラフィック社より発売となります。

高砂淳二「PLANET of WATER」
高砂淳二 写真集「PLANET of WATER」5
高砂淳二 写真集「PLANET of WATER」1
高砂淳二 写真集「PLANET of WATER」3
高砂淳二 写真集「PLANET of WATER」2
高砂淳二 写真集「PLANET of WATER」6
高砂淳二 写真集「PLANET of WATER」4
previous arrow
next arrow
Slider
 

今年3月に発売したトラベルマガジン「Coyote No.67 はじまりの島 ポリネシア、創世の旅をする」では、表紙と巻頭特集をポリネシア地域特有の美しい自然の写真で飾った高砂さん。

この度発売となる最新作『PLANET of WATER』では、あらゆる生命の原点である「水」をテーマに、さまざまな表情を見せる自然の豊かさや、水に育まれて暮らす動植物の生き生きとした姿を、その唯一無二の写真を通じて伝えています。

氷山から溶け出でた水が、瀑布となり、海へと流れ、やがて熱帯雨林へと降り注ぐ豊かな雨ととなる—— 。姿や形を変えながら循環を繰り返し、そこに息づくすべての生命に恵みを与える「水の惑星」の姿を、1人の写真家が極地から熱帯まで追い求めた軌跡。ぜひお楽しみください。

5月20日発売の『SWITCH Vol.37 No.6』では高砂さんによるフォトエッセイ「PLANET of WATER すべての生命は海から生まれた」を掲載。

そのほか写真集の刊行を記念し、東京と大阪の2箇所で写真展の開催も決定! 会期中には高砂さんご自身によるトークイベントも開催予定です。ふるってご参加ください。

<プロフィール>
高砂淳二
 写真家。1962年宮城県生まれ。宇都宮大学工学部電子工学科卒業。南極から北極、赤道直下まで地球をフィールドに活動する。主な写真集は『night rainbow』『Dream Earth』『Aqua』『虹の星』『夜の虹の向こうへ』など多数。最新作は『PLANET of WATER』
 

書籍情報

高砂淳二「PLANET of WATER」
高砂淳二写真集「PLANET of WATER」
版元:日経ナショナル ジオグラフィック社
発売日:6/3発売
定価:2,400円+税
判型:A4変形、112ページ
 

高砂淳二写真展「PLANET of WATER」詳細

■東京
日程 2019年6月4日(火)-24日(月)
*日曜休館
会場 ニコンプラザ新宿 THE GALLERY1・2
東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー28階
トーク 6月8日、15日、22日(すべて土、14:00-15:00)
*予約不要
■大阪
日程 2019年7月18日(木)-31日(水)
*日曜休館
会場 ニコンプラザ大阪 THE GALLERY
大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13階
トーク 7月20日、27日(すべて土、14:00-15:00)
*予約不要
写真展への問い合わせ:TEL03-3344-0565