『SWITCH Vol.36 No.2 のん 7つの冒険』刊行記念 トークイベントレポート

SWITCH特集 のん 7つの冒険 SEVEN WONDERS OF NON刊行記念
トークイベントレポート@代官山蔦屋書店


7人の写真家がのんの持つ7つの顔を表現する『SWITCH Vol.36 No.2 特集:のん 7つの冒険 SEVEN WONDERS OF NON』が1月20日に発売しました。刊行を記念して1月21日、東京・代官山蔦屋書店にて行われた、のんのトークイベントの模様を余すところなくお伝えします。

のんトークイベントレポート1

――今回の特集は女優・声優のみならず、ミュージシャン、絵描き、ファッションデザインなど多岐にわたり活動するのんさんの現在進行形を描写すべく、7人の写真家による、7つの異なるテーマ・シチュエーションでの撮影を敢行しました。多忙なスケジュールの中、すべての撮影をわずか3日間で行いました。

のん その3日間はすごく充実していました。それまで、いろいろな職種の仕事がごちゃまぜに入っていたので、3日間「SWITCH」に集中して仕事をするというのがすごく刺激的で。お仕事なのに、とてもリフレッシュした気持ちでした。

――実際に色々なことをするのは大変なのでは?

のん 大変ですね。自分で自分の首を締めてしまっているというか(笑)。「こんなに大変なのか!」と気づくことも多くて。それでも楽しいので、やりたくなっちゃうんですよ。

――今日はそんなのんさんがリフレッシュした気持ちで臨んでいただいた、それぞれの撮影について振り返っていきたいと思います。

■PLAY――欲張りなんです

のんトークイベントレポート2

写真・高木将也

――まず最初にミュージシャンとしてののんさんを表現した「PLAY / ギタリストの冒険」から。写真は高木将也さんが担当されました。撮影場所はレコーディングスタジオ。のんさんはちょうど新曲のレコーディング中でした。レコーディングのときはどのように臨まれているのですか。

のん 結構リラックスしているかもしれません。そのときは、ずっと一緒に制作を行っているスタッフの方とレコーディングに入っていたので、そんなに緊張はしなかったんですけど。ファーストシングルやセカンドシングルのときは、高野寛さんや大友良英さんがディレクションをして下さっていたので、すごく緊張しました。

 基本的にはブースの中に入って、ディレクションをして頂くときにも、わたしは録音ブースに一人でいるのですごく気が楽です。録音ブースの”死角”を探して、たまにその隅っこに入って休んだり出来るので(笑)。

――1月1日にはセカンドシングル『RUN!!!』が発売されました。そして今はファーストアルバムを制作されているのですよね。

のん はい、今春にはリリースしようと思っています。撮影のときは、アルバムに収録する歌を歌っていたんじゃなかったかな。

――差し支えない程度に、今回のアルバムにはどんな方が参加されているのか教えていただけますか。

のん 今回も豪華です。矢野顕子さんに楽曲の提供をお願いして、あとは高橋幸宏さんにもお願いしました。

――アルバム全体はどのようなイメージなのですか。

のん いろいろな曲を詰め込んでいます。矢野さん、幸宏さんときて、まだまだ秘密の方もいらっしゃいます。のんが作った曲も3、4曲入っています。フライングで2017年の年末に「のんフェス」を開催した際に演奏しましたが、そのときのものなどを詰め込んでいます。

――「のんフェス」もすごかったですが、ご本人的にはいかがですか。

のん めちゃくちゃ楽しかったですね!最初は「のんフェス、やりましょう」となったときに「出来るんだろうか……」と思ったんです。いきなり音楽デビューして、CDを一枚出して、フェスを開くなんて。本当に「RUN!!!」というか、走るように色々なことに挑戦してしまっていて。生意気で嫌われないかなって思っていたんです。

――それはインタビューのときにもおっしゃっていましたね。

のん 本当ですか。

――嫌われるのが気になるって。

のん そうなんですよ、わたしすごく、“気にしい”で、欲張りなんです。すべての人に「面白い」と思ってほしい欲望が渦巻いていて。でも、フェスには素晴らしい方々にご協力頂けたので、本当に嬉しかったです。

――先ほどちらっと耳にしたところ、映像化の話もあるんだとか。

のん やも、しれません。いらっしゃっていた方いますかね、「のんフェス」。

のんトークイベントレポート3

のん ありがとうございます(笑)。