Gramicciから秋冬のコラボレーションダウンアイテムが続々発売

アメリカを代表するクライマーのマイク・グラハムが1982年にスタートさせたアウトドアブランド、Gramicci(グラミチ)。クライマーならではの視点で作られたウェアは、動きやすく所々に機能性の高いギミックが散りばめられている。カラーバリエーションの広さも魅力のひとつで、定番アイテムのショーツは色違いでいくつも欲しくなってしまうアイテムばかり。今やアウトドアなどのアクティブシーンだけではなく、日常のコーディネートで重宝するブランドになっている。

そんなGramicciがダウンメーカーとのコラボレーションアイテムを続々発表。

Gramicci×TAION

「TAION(タイオン)」は2016年にスタートした日本発信の新進ブランド。わずか5年で日本の有名セレクトショップや、米国やアジア、欧州にまでグローバルに展開、急成長している。今回、初めてのコラボレーションとなる両者。Gramicciの強みでもある年齢や世代を選ばず、様々なシーンに取り入れることができる“次世代ダウンアイテム”が誕生した。ラインナップはジャケットとベスト、ネックウォーマーとスカーフの4アイテム。インナーや首元にプラスするだけで抜群に暖かく、どれも絶妙なカラーなのでコーディネートをおしゃれにまとめてくれる。真冬だけではなく、秋頃から春先まで組み合わせを変えて使える万能アイテムばかりだ。

previous arrow
next arrow
Slider

NANGA&Gramicci

「NANGA(ナンガ)」は40年以上の歴史を誇る国産ダウンメーカー。良質でクリーンな羽毛素材とオリジナルの機能素材に定評がある。今春、Gramicciと初めてのコラボレーションを行い大好評となったNANGA。第二弾となる2021年秋冬はダウンとフリースアイテムが登場。両ブランドが得意とする、アウトドアシーンでの機能性の高さが魅力のひとつだ。

 
ダウンウェアには中綿にNANGAの高品質でクリーンな羽毛をたっぷりと使用。裏表の生地には環境へ配慮した10デニールリサイクルナイロンを採用している。ミニリップストップ組織なの、で薄手で軽いうえに強度も抜群。

 
フリースウェアは表地にリサイクルポリエステルを使用したボアフリースを採用。環境に配慮しつつも、ソフトな肌触りで着心地がいい。カラーはブラックとオリーブの二色展開。トップスは程よくゆとりのあるつくりでインナーも着込める。

 
パンツはNANGAの機能素材オーロララクロス構造で、負荷がかかる部分を補強。膝はダブルニー仕様、股下はGramicciが得意とする足の可動域が広いガゼットクロッチになっており動きやすく快適。ウエストはゆとりのあるつくりだが、裾にテーパードがかかっているから、履いたときのシルエットが美しい。

どちらもメンズ、レディース問わず幅広い年代の方が着用できるから、クリスマスのプレゼントにもおすすめのアイテム。ぜひGramicciのウェブサイトからチェックして欲しい

商品詳細

Gramicci×TAION/グラミチ×タイオン
■アイテム名と価格
INNER DOWN JACKET/インナーダウンジャケット¥9,900
INNER DOWN VEST/インナーダウンベスト ¥8,250
DOWN NECK WARMER/インナーネックウォーマー ¥3,300
DOWN SCARF/ダウンスカーフ¥4,400(すべて税込価格)

NANGA&Gramicci /ナンガ&グラミチ
■アイテム名と価格
NANGA&Gramicci Down Pullover Jacket/ナンガ&グラミチ ダウンプルオーバージャケット¥27,500
NANGA&Gramicci Down Pant /ナンガ&グラミチ ダウンパンツ ¥22,000
NANGA&Gramicci /Boa Crew Neck Fleece /ナンガ&グラミチ ボアクルーフリース¥15,400(すべて税込価格)

お問い合わせ先INS/インス TEL:0120-900-736
https://gramicci.jp/