【11月4日(月・振休)まで】世界で話題となったデザインが大阪の街に集結!「OSAKA×MILANO DESIGN LINK 2019」がスタート

大丸心斎橋店本館を起点に、世界で話題となったデザインが大阪の街に集結する祭典「OSAKA×MILANO DESIGN LINK 2019」が10月12日(土)からスタートした。

「OSAKA×MILANO DESIGN LINK」は、9月に大丸心斎橋店本館がグランドオープンしたことをきっかけに、大阪の街をデザインで盛り上げようと立ち上がったイベント。開催初年度である今回は、大阪の姉妹都市でもあるイタリアのミラノで毎年4月に開催されるデザインの祭典ミラノ・フォーリサローネとパートナーシップを結び、今年4月の展示にて話題を呼んだ作品が大丸心斎橋店本館に展示されている。他にも「大阪」にインスパイアを受け世界的デザイナーが制作した新作や日本企業の凱旋展示、そして関西で活躍する若手アーティストのオリジナル作品などの全23作品が大阪・心斎橋の芸術の秋を彩る。

ミラノ・フォーリサローネとは
毎年4月にイタリア・ミラノで開催される世界最大規模の家具見本市「ミラノサローネ」と同時期に、ミラノ市内各所で行なわれる展示やイベント、インスタレーション。フォーリサローネとは、サローネの外という意味を持つ。自由な発想から生まれた創作物を見てもらいたいという思いから、ミラノ市内の家具デザイナーやメーカーの関係者等が1980年代に始めた。近年ではミラノサローネと合わせ、“ミラノデザインウィーク”と呼ばれている。
大丸心斎橋店本館内の展示について
大丸心斎橋店の本館1Fには、心斎橋エリアに展示された様々な作品の場所や情報が確認できるインフォメーションスペースが設置される他、ショーウィンドーや館内の各フロアにて全11作品が展示されている。まずは大丸心斎橋店本館の展示を楽しみ、心斎橋エリアへと足を運ぶのがおすすめだ。

Fuorisalone 2019 BEST SELECTION(6作品)

今年4月にイタリア・ミラノで開催された「フォーリサローネ」で高い評価を受けた中からセレクトした作品群。本館内の2階、3階、4階、7階、9階の特設スペースに展示されている。 空想のモンスターや宇宙人をモチーフにしたユニークなインテリアコレクションや、デコラティブな植物インスタレーション、異国の地の24時間の移り変わりを投影し続ける窓、デニムが発する音を聴く体験など、バラエティに富んだ作品を楽しむことができる。

L‘Objet + Haas Brothers
DESIGNER:Haas Brothers + Elad Yifrach

BRAND :L’Objet

CURATOR: Elad Yifrach
PLACE:本館2階

Floating Futures
DESIGNER:Renato Japi & Tomáš Krejčí
BRAND :Kavalier
Glass & Fatra

PARTNERS:Tomas Bata University in Zlin
PLACE:本館2階

B-Loom – La Tavola Scomposta Collection
DESIGNER:Paula Cademartori
BRAND :Bitossi Home & Funky Table
PLACE :本館3階

A Space Oddity
DESIGNER:Andrea Maestri Studio
CURATOR:Andrea Maestri
PLACE:本館4階

Anotherview
DESIGNER:Anotherview Collective
(Marco Tabasso, Tatiana Uzlova, Robert Andriessen)
PLACE:本館7階

Isko Denim Sound Textures
DESIGNER:ISKO, DWA, Chiara Luzzana
CURATOR: Fabio Di Liberto
(Brand Director ISKO)
PARTNERS:Wallpaper*
PLACE:本館9階

 

WINDOW SPECIAL PROJECT(4作品)

世界的に活躍する2名のイタリア人デザイナーが、大阪で開催される本イベント向けに、インスタレーションを制作。大阪の街にインスパイアされてできた、「妖怪」と日本におけるおもてなしの場所である「床の間」をテーマに制作されたオリジナル作品が本館1階のショーウィンドウに展示されている。それぞれの感性によって作品に落とし込まれた、新しい「日本」を感じてみては。

previous arrow
next arrow
Slider
Elena Salmistraro
ミラノを拠点に活動。細部へのこだわり、かたちの調和と詩的な表現で、アートと デザインを融合するスタイルが特徴的。表現方法の探求、人々の感情に訴えかける作品の数々は、国際的な展 示会に多く出展され、2017年にはミラノサローネ・アワードの最高賞を受賞。同年からイタリア外務省のイタ リアデザインアンバサダーとして活動。

 
 
previous arrow
next arrow
Slider
Matteo Cibic
イタリアのアーティスト、デザイナー。擬人化された愉快な作品で有名。様々なブラン ドや コレクター、およびテクノロジー企業から、小さな工場の職人まで幅広い方々とコラボレーションしながら活 動している。作品は世界中の美術館、施設、ギャラリー等で展示され、 受賞歴も多数。2017年には、ELLE DÉCORインターナショナル デザイン アワードで、「ヤング・デザイナー・タレント」に選出。

Fuorisalone 2019 JAPAN SELECTION(1作品)

本年「フォーリサローネ」で発表された日本ブランドの作品が、大阪に凱旋。世界中で人気を博する日本のマスキングテープブランド・mtの特別展示が実施されている。

mt CASA
DESIGNER: 居山 浩二
PLACE : 本館5階

開催概要

開催期間 2019年10月12日(土)-11月4日(月・振休)
開催場所 大丸心斎橋店 本館と周辺エリア
*大丸心斎橋店 本館 1F に、インフォメーションスペースを設置
〒542-8501 大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目7−1
主催 OSAKA × MILANO DESIGN LINK 2019 実行委員会(大丸心斎橋店 、 NPO 法人 御堂筋・長堀 21 世紀の会)
特別協力 Studiolabo S.r.l . 、 Fuorisalone.it
展示概要 Fuorisalone 2019 ベストセレクション展示 全9点
海外デザイナーによる新作 展示 全4点
Fuorisalone2019 日本企業作品凱旋 展示 全3点
関西発の新進アーティスト公募型 展覧会 ART STREAM 参加 作品 全7点
公式HP https://o-designlink.jp/2019/