“ジブンらしさ”を磨いていこう
SUPERSTAR 50周年を記念したキャンペーンが展開中

アディダス オリジナルスは、人気モデル「スーパースター」の誕生50周年を記念したキャンペーン「SUPERSTAR 2020 ジブンだけの、色でいこう。」を展開中。

 

1969年にバスケットボールシューズとして誕生した「SUPERSTAR」。以降この半世紀の間にスポーツの垣根を越え、音楽やストリート、ファッションといった様々なカルチャーに受け入れられながら、世界中に愛される存在になった。そんなSUPERSTARの多様性を伝えるべく、キャンペーンビジュアルにはブランドアンバサダーのローラをはじめ、世界中のタトゥー愛好者から支持を集めているタトゥーショップ「THREE TIDES TATTOO」やアディダス バスケットボール契約選手であるオコエ桃仁花、テーブス海、といったアーティスト、アスリートが登場し、それぞれのスタイルで“ジブンらしさ”を表現している。キャンペーンに合わせて現在アディダス オリジナルス フラッグシップストア 新宿では、SUPERSTARを着用したローラの巨大ビジュアルが掲示中。店内ではローラにインスピレーションを受けたコーディネートを紹介している。

アディダスオリジナルスフラッグシップストア新宿の様子

さらに今回のキャンペーンを記念して、多様性を表現する三原色と二次色をあしらったアシンメトリーなスリーストライプスのSUPERSTARが発売中。シュータンと側面には印象的な3Dトレフォイルロゴが施されている。また、「THREE TIDES TATTOO」とのコラボレーションモデル「風神雷神コレクション」も登場。シュータンに風神雷神のデザインを採用し、ヒールに江戸文字で描かれた雷神と風神の色鮮やかなグラフィックが大胆にプリントされたSUPERSTARだ。アディダス オリジナルス フラッグシップストア 原宿では、同コレクションをフィーチャーし、30点以上に及ぶ「THREE TIDES TATTOO」の作品や、東京・大阪を拠点に活動するタトゥーアーティストによる直筆アートを落とし込んだSUPERSTARを展示している。

アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア 原宿の様子

キャンペーンビジュアル内のカラーサークルに象徴されるように、豊富なデザインとカラーで展開される今回のSUPERSTAR。誕生から50年を越えてもなお、人々の“ジブンらしさ”を表現するアイテムとして、幅広い世代・分野から愛されていくに違いない。

previous arrow
next arrow
Slider
 
アディダス オンラインショップ