小島ケイタニーラブ『はるやすみのよる』発売記念特設ページ

Slider
 
 

前作『It’s a cry run』から約2年。シンガーソングライター・小島ケイタニーラブのニューアルバム『はるやすみのよる』が2018年5月23日、発売となりました。

2012年から小島さんともに旅を続けてきたSWITCHは、新たな唄の誕生を記念し、これまでの旅の軌跡を振り返りたいと思います。

 

小島ケイタニーラブ プロフィール

シンガー。ソングライター。
伸びやかで脱力感のある声、暖かくも切ない歌詞世界を歌う。静岡県浜松出身。

早稲田大学第一文学部在学中に夏目漱石、川端康成、The Smithsに影響を受け、楽曲を書き始める。2009年にロックバンドANIMAとしてWEATHER/HEADZよりデビュー後、これまでにソロ作品として、ミニアルバム『小島敬太』(WEATHER/HEADZ)、フルアルバム『It’s a cry run.』(Rainy Day Records/スイッチ・パブリッシング)を発表。
2016年には「NHK みんなのうた」にて楽曲「毛布の日」を制作。毛布から出たくない心情を歌ったこの歌は、放送開始から多くの共感を呼び、翌17年、日本記念日協会により、正式に11月20日が「毛布の日」に制定された。
また、ミスタードーナツCM「ドレミの歌」、読売テレビ・日テレ「遠くへ行きたい」主題歌など、その独特な声を生かした歌唱も多数。

近年は、『銀河鉄道の夜(with 古川日出男・管啓次郎・柴田元幸)』『とてもとてもサーカスなフロラ(with 江國香織)』『星の王子さま(with 管啓次郎・めいりんfromくもりな)』などの朗読劇のサウンドプロデュースや、親子で楽しめる物語のフェスティバル『マンモススクール STORYTIME in NARA』の全体監修を務める。音楽と文学の垣根を越えたアプローチは、シンガポールやインドネシアなどの国際文芸フェスでも高く評価を受け、現地の大手新聞をはじめ、メディアに大きく取り上げられた。

2018年5月、プロデューサーにゴンドウトモヒコ(METAFIVE, pupa etc.)を迎え、2年ぶりとなるフルアルバム『はるやすみのよる』を愚音堂/SPACE SHOWER MUSICよりリリース。

特別公開『はるやすみのよる』アコースティックバージョンほぼ全曲集

『はるやすみのよる』の発売を記念して、小島さんが新曲のアコースティックバージョンを披露してくれました。撮影場所はSWITCH PUBLISHING編集部。

 

 1. しごとのうた
(○○公開予定)

 2. 東京カモメ
(○○公開予定)

 3. 郵便飛行機
(○○公開予定)

 4. オトナノコイ
(○○公開予定)

 5. とてもとてもサーカスなフロラ
(○○公開予定)

6. フォークダンス
(○○公開予定)

7. はるやすみのよる
(○○公開予定)

8. 友達の友達
(○○公開予定)

9. 長い道草の途上
(○○公開予定)

10. 白河夜船
(○○公開予定)

 

小島ケイタニーラブとSWITCHの軌跡

1.『Coyote 特別編集号 2013 ◆ TOKYO LITERARY CITY』
「朗読劇「銀河鉄道の夜」としてレポート記事が見開き2ページで掲載。初のスイッチ関連の掲載でした。嬉しかったなあ」

2.『COYOTE No.59 星野道夫の遥かなる旅』
「BESSの取材で出させて頂きました。新井さんたちとバーベキューしたのもいい思い出」

3.『SWITCH VOL.34 NO.12 古舘伊知郎 TALKAHOLIC』
「毛布の日インタビューを昔の東京の家で取材して頂きました。このあたりにはウミネコが飛んでいてウミネコの声を聞くのが好きだった」

4.『SWITCH Vol.34 No.4 小泉今日子 原宿プレイバック』
「戌井昭人さんのスイッチインタビューでロングインタビューしてもらいました」

5.『SWITCH Vol.34 No.3 ももいろクローバーZ』
「連載『歌はどこだ』最終回。最後のゲストは自分でした。アルバム収録曲「長い道草の途上」が生まれました。このエピソードがハイライトにくるといいかも」

6.『SWITCH Vol.33 No.8 [未知なるものへ] 福山雅治の25年』
「小林エリカさんの漫画とのコラボレーションが実現!」

7.『SWITCH Vol.33 No.1ネ申ゲー1oo ゲームが未来を変える』
「ラブナイツの台湾への旅が「道はどこだ」として掲載されました。熱い旅だった」

8.『MONKEY vol.11 ともだちがいない!』
「柴田さんと参加したシンガポール作家祭のレポート。ラブナイツとしてもパフォーマンスしました。」

9.『SWITCH Vol.34 No.9 若木信吾 写真家の現在』
「若木さんの浜松紀行に音楽をつけました。新井さんを紹介してくれたのも同郷の浜松生まれの若木さんでした」

ラブナイト

SWITCH PUBLISHINGの地下で営業するRainy Day Bookstore & Cafeで約2年間にわたり開催された「ラブナイト」。ホスト役の小島さんが作家やアーティストをゲストに迎え、トークや即興のライブパフォーマンスなどで会場を盛り上げました。事前にゲストにちなんだ土地を音楽プロデューサーの伊藤豊さんと、写真家の朝岡英輔さんの3人(ラブナイツ)とともに旅をし、そこでの経験をもとに生まれた新曲が毎回披露され、その中の一曲が『はるやすみのよる』にも収録されています。

2014年1月11日 第1夜 – 戌井昭人(小説家)
2014年3月11日 第2夜 – 古川日出男(小説家)、 管啓次郎(詩人)、 柴田元幸(翻訳家)
2014年5月11日 第3夜 – 黒田征太郎(イラストレーター)
2014年7月11日 第4夜 – 坂本美雨(音楽家)、 大島保克(唄者)
2014年9月11日 第5夜 – ドリアン助川(小説家・パフォーマー)
2014年10月11日 第6夜 – 新井敏記(『SWITCH』『Coyote』編集長)
2014年11月11日 第7夜 – 若木信吾(写真家)、 温又柔(小説家)
2014年12月11日 第8夜 – 柴崎友香(小説家)
2014年12月20日 特別編 – 柴田元幸(翻訳家)
2015年1月11日 第9夜 – 黒田征太郎(イラストレーター)、 大島保克(唄者)
2015年2月11日 第10夜 – 柳原陽一郎(ミュージシャン)
2015年3月11日 第11夜 – 小島ケイタニーラブとラブナイツ ワンマンライブ
2015年4月11日 第12夜 – 鈴木博文(ムーンライダーズ・音楽家)
2015年5月11日 第13夜 – 小林エリカ(作家・マンガ家)
2015年6月11日 第14夜 – いとうせいこう(作家)
2015年7月11日 第15夜 – 浅田政志(写真家)
2015年8月11日 第16夜 – 朝吹真理子(小説家)
2015年9月11日 第17夜 – 近藤良平(ダンサー)
2015年10月11日 第18夜 – クリス智子(メディアパーソナリティ)
2015年11月11日 第19夜 – 小倉博和(ギタリスト)
2015年12月11日 第20夜 – 松田美緒(シンガー)
2016年1月11日 第21夜 – 安齋肇(イラストレーター)
2016年2月11日 第22夜 – いしいしんじ(小説家)
2016年3月11日 第23夜 – 小島ケイタニーラブとラブナイツ ワンマンライブ

 

CD情報

小島ケイタニーラブ『はるやすみのよる』
小島ケイタニーラブ『はるやすみのよる』
【収録曲】
01.しごとのうた
02.東京カモメ
03.郵便飛行機(朗読劇「星の王子さま」挿入歌)
04.オトナノコイ
05.とてもとてもサーカスなフロラ(江國香織との朗読劇「とてもとてもサーカスなフロラ」劇中歌)
06.フォークダンス(朗読劇「銀河鉄道の夜(古川日出男・管啓次郎・柴田元幸・小島ケイタニーラブ)」主題歌)
07.毛布の日(NHKみんなのうた書き下ろし曲)
08.はるやすみのよる
09.友達の友達(ふじきみつ彦・作演出「友達の友達 第2回公演『旅立ちの旅立ち』」主題歌)
10.長い道草の途上
11.白河夜船(吉本ばなな原作 若木信吾監督「白河夜船」劇場歌)
【発売日】
2018年5月23日 (水)
【価格】
¥2,315+税
【品番】
DDCB-12356(GNDCD-18006)
発売元
愚音堂
SPACE SHOWER MUSIC

 

購入する

 
  
  
  
 
旅はつづく・・・?