取材期間300日、歴代最多優勝横綱の素顔へと迫る完全保存版(SWITCH SPECIAL ISSUE 白鵬翔 さざれ石の巌——大横綱の軌跡)1月11日発売

2022年1月11日、雑誌「SWITCH」の特別号『SWITCH SPECIAL ISSUE 白鵬翔 さざれ石の巌—— 大横綱の軌跡』が発売となります。

 
第69代目・大横綱 白鵬翔。15歳で祖国モンゴルを離れて日本へとわたり、多くの苦難を乗り越えながら22歳で横綱の地位へと上り詰める。その後、数々の記録を打ち立てつつも、度重なる怪我に苦しみ、2021年3月には膝の大手術へ。肉体が限界を迎える中、懸命なリハビリを経て稽古場に立ち、7月場所で全勝優勝を果たした。本特集は2021年2月から9月30日の現役引退、そしてその後の300日にわたり白鵬を取材。命を賭して相撲の魅力を伝えた男の素顔に迫ります。

 

SWITCH SPECIAL ISSUE
白鵬翔 さざれ石の巌—— 大横綱の軌跡

2022年1月11日発売
価格:1,650円(税込)


 

CONTENTS

 

特別公開「十五歳のノート」

来日間もない白鵬が相撲教習所で使用していた貴重なノートをSWITCH特別公開。未来の大横綱、始まりの物語。

写真家操上和美、白鵬翔を撮る。スペシャルフォトセッション掲載

土俵入り姿から“倒れない横綱の足の裏”にいたる肉体の細部まで。白熱のフォトセッションをここに。

最後の7月「名古屋場所」完全ドキュメント

 

 

膝の大手術を終えた後のトレーニングの様子から、最後の出場場所となる七月「名古屋場所」をドキュメント。

歴代最多優勝横綱の姿を画家・黒田征太郎が描く

2021年7月の名古屋場所、画家・黒田征太郎は桟敷席に陣取り、横綱白鵬の最後の姿を画に残していった。

白鵬自身が特別な着物を解説

数ある着物の中から特別な思いが込められた着物をセレクト。そこに込められた決意や思い出を白鵬自身が解説する。

<以下全CONTENTS>

特集
白鵬 翔
さざれ石の巌——大横綱の軌跡

4
二六一番目、十五歳のノート
写真=阿部稔哉

14
白鵬の約束
写真=操上和美

photo story
18
白鵬の身体
36
土俵入り
写真=操上和美

42
七月への準備
リハビリテーション
構成=新井敏記

46
綱打ち式
麻と晒木綿と銅で編む
構成=新井敏記 阿部稔哉

54
名古屋場所取材日記
横綱白鵬「石を積む」
構成=新井敏記
写真=阿部稔哉 垂見健吾 ただ

100
黒田征太郎 相撲絵図
心と技と体の物語
第六十九代横綱白鵬

108
白鵬 静かな時間
文=新井敏記 写真=操上和美

116
紋 白鵬
写真=操上和美

124
白鵬引退
型を持って、型にこだわらない
写真=操上和美

132
LAST INTERVIEW
十五歳の君へ
文=新井敏記

138
地図を描く
ノートからはじまった三百日
文=新井敏記 絵=白鵬 黒田征太郎

 

SWITCH SPECIAL ISSUE
白鵬翔 さざれ石の巌—— 大横綱の軌跡

2022年1月11日発売
価格:1,650円(税込)