【4月10日発売】操上和美とロバート・フランクのかけがえのない旅が一冊の写真集に
写真史に大きな足跡を遺し、昨年9月9日にこの世を去った巨匠ロバート・フランク。写真家・操上和美がフランクと邂逅し、彼の姿をフィルムに収めたのは、1992年ニューヨークのアトリエが最初だった。ニューヨーク、ノヴァ・スコシア、そして富良野。二人の旅の道行きのすべてをここに。
アート・ディレクション:葛西薫
SWITCH

THE BACKGROUND OF “THE IRISHMAN” vol.04
ジミー・ホッファ、「大統領が恐れた男」

Netflixで現在配信中の映画『アイリッシュマン』。そのバックグラウンドをひもとく連続コラム第4回は、本作でアル・パチーノが演じた男、ジミー・ホッファについて。アメリカ最大の労働組合のトップにして、一時は“大統領に比肩する影響力を誇った”とも言われるほどの大物。その人物像を解説する

EVENT

【開催延期】3月27日(金)ピーター・バラカンのフライディ ・ナイト・ミュージック@Rainy Day
テーマ「ボブ・ディラン」

3月27日(金)19時より、ブロードキャスターとして、自らが最良と思う音楽を40年間にわたってリスナーに届け続けてきたピーター・バラカンさんをお招きし、トークイベントを開催いたします。今回はスペシャルプログラム。テーマは4月に来日公演を控えた「ボブ・ディラン」です!

SWITCH

SPECIAL MOVIE 
若木信吾、小津安二郎への旅

昨年の秋、SWITCH VOL.38 NO.2(1月20日発売)の企画で写真家・若木信吾は小津安二郎の足跡を辿る旅に出た。自身の両親と共に巡った『東京物語』の舞台・尾道、そして小津が眠る北鎌倉円覚寺。その旅の途上で若木が目にした景色とは。若木信吾がライカSL2で撮ったスペシャルショートムービー『Footsteps of Ozu』を特別公開。

SWITCH

「岩井俊二の世界」は続く 映画『ラストレター』公開記念&「SWITCH」発売記念特別ロングインタビュー

1月17日、映画監督岩井俊二最新作『ラストレター』が公開された。「手紙」をモチーフに現在と過去が交錯するその物語は、1995年に公開された岩井俊二初の劇場用長編作品『Love Letter』とまるで円環を描くように重なっていく。『Love Letter』から25年、映画監督岩井俊二が描き続けたものは何だったのか——