キャンピングカーを使った新たな自然の楽しみ方を提案する「Moving Inn TOKACHI 光地園」が2022年9月開業

2022年9月、北海道・十勝に位置する広尾郡大樹町に、キャンプでもリゾートでもない“新しい旅のカタチ”を提案する「Moving Inn TOKACHI 光地園」が開業する。

場所は、日高山脈襟裳国定公園を上流域に持つ清流沿いに広がる、2万坪の原生林地域。手つかずの自然が広がる森の奥深く、建物が建てられないほどの大自然の絶景を独り占めしながら、自分らしく快適に過ごせる、新しい旅のカタチを体現する宿泊施設だ。

■自然と共生するための場所

場内には、たった4カ所のプライベート宿泊サイトが贅沢に散在。数寄屋建築家・三浦史郎氏がデザインしたトレーラーハウス付き宿泊サイトが2カ所、また、インフラ設備やトイレ、サウナ、薪式露天風呂まで設備の整ったキャンピングカー宿泊サイトが2カ所設置され、各サイトが200m以上離れているため絶景を独り占めしながら自然と共生する醍醐味を快適に味わうことができる。

縁側、掘りこたつ、平編みの網代天井を備えた、和室タイプのトレーラーハウス

桶職人 中川周士氏によって製作された薪式露天風呂

宿泊者は、キャンピング仕様にカスタムしたハイエースやランドクルーザーなどのハイクラスキャンピングカーをレンタルし、各サイトにアプローチ。トレーラーハウスやキャンピングカーにそれぞれ宿泊しながら、各サイトに併設されたトレーラーハウス型の薪式サウナや、北海道出身の料理家・森枝幹氏がメニュー監修した地元野生食材の創作料理など、自然と共生し繋がりを楽しむための各種アクティビティサービスが楽しめる。

各サイトにはトレーラーハウス型の薪式サウナが併設される

トレーラーハウス型のサウナの内部には水風呂も完備

“移動するホテル=移動型宿泊施設” を提供するMoving Innは本プロジェクトを通じ、絶景を求め移動・宿泊することができるキャンピングカーと、野生の地にも設置することができるトレーラーハウスだからこそ実現できる、「新しい旅のカタチ」を提案。またその他の取り組みとして、循環式トイレ&シャワーシステムを搭載させたキャンピングカーの試験運用や、完全オフグリット(独立型電力システム)化への挑戦など、自然との共生の可能性を探るための拠点としてこの場所を位置付けている。

客室予約は、「Moving Inn」オフィシャルサイトや各種宿泊予約サイトにて2022年夏より販売開始予定。宿泊料金は1泊約50,000円~120,000円/部屋の価格帯を予定している。
https://moving-inn.com/

■施設概要

名称 : Moving Inn TOKACHI 光地園(ムービング イン トカチ コウチエン)
開業日 : 2022年9月 グランドオープン
住所 : 北海道広尾郡大樹町光地園
アクセス : 帯広空港から車で約60分
敷地面積 : 約66,115m²
https://moving-inn.com/
https://www.instagram.com/movinginn_japan/

■「Moving Inn TOKACHI 光地園」マネジメントチームについて

FLEX株式会社
ランドクルーザー、ハイエースの専門販売店を全国に展開する1967年創業の自動車販売会社。ひとりひとりの生活様式に合わせた自分らしいクルマのカスタムやキャンピングカーの製作、オリジナルカスタムパーツの開発など、「移動とヒトの関係を考える」ことをテーマにあたらしい暮らしのあり方を提案する。ムービングインにおいては、これまでに蓄積されたナレッジをもとに、移動サウナ、移動型客室の企画開発を行う。

株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ
「企画」の力によって、あらゆる分野・領域で新しい価値を創り出すプロデュース集団。ブランド、メディア、地域、施設や空間など、代表・小山薫堂、並びに多様なクリエイティブスタッフが従来の枠組みにとらわれない洗練されたシナリオを生み出し、人と社会を元気に、幸せにする企画を提供する。ホテルプロデュース実績は「MEMU EARTH HOTEL」(北海道)、「日光金谷ホテル オレンジスイート」(栃木)、「YANAKA SOW」(東京)など。