小島ケイタニーラブ「スタート」

2016年10月1日(土)
小島ケイタニーラブが「NHKみんなのうた」に書き下ろした「毛布の日」の放送が2016年12月~2017年1月に決定しました!
詳細はこちらの公式サイトまで。
http://www.nhk.or.jp/minna/

─収録曲─


品番:RDR-0001
価格:¥2,000(税別)

  1. 君の名前
  2. MONKEY
  3. 走馬灯はハイウェイ
  4. たまごのうた
  5. Cry Run
  6. つじつまの新世界
  7. On The Move
  8. サマーライト

  9. Bonus Track:ベルカ (Studio live ver.)

ご購入はこちら
スイッチWEB特典:未収録音源CD-Rプレゼント!


Amazon iTunes Store


2016年3月20日(日) 小島ケイタニーラブ3年半ぶりのニューアルバム
「Itʼs a cry run.」
初のスタジオ録音で新設「Rainy Day Records」より発売決定!!

シンガーソングライター/サウンドデザイナーとして活躍中の小島ケイタニーラブの初スタジオレコーディングアルバム「It’s a cry run.」が、スイッチパブリッシングが新たに設立する音楽レーベル「Rainy Day Records」より発売されます。

サウンドプロデューサーに田中佑司(bonobos、サンガツ)を迎え、バンドメンバーに村上啓太(在日ファンク)、千葉広樹(サンガツ、LOVE PSYCHEDELICOサポート)、平田崇、山田杏奈、きたしまたくや(kooreruongaku)、ゲストボーカルとして優河が参加。

─フォトギャラリー─

Photo:若木信吾

What's ラブナイト?

ラブナイト

Illustration by 黒田征太郎


2014年より毎月11日に Rainy Day Bookstore & Cafe (東京・西麻布)にてケイタニーがホスト役を務めるトーク&ライブ。
ケイタニー率いるラブナイト制作チーム「ラブナイツ」が毎回ゲストにまつわる“何か”を探す旅に出かけ、その体験から生まれた歌を披露する他、フィールドレコーディングで採取した音や写真を織り交ぜた旅先レポートや、ゲストとの朗読・音楽・映像パフォーマンスなど、シンガーソングライター/サウンドデザイナーとして活動するケイタニーの真骨頂とも言える、1夜限りの贅沢なイベントです。

小島ケイタニーラブ



Photo:朝岡英輔


シンガー/ソングライター。1980年、静岡県浜松市生まれ。早稲田大学英文学科卒業。

英バンド「ザ・スミス」の陰鬱かつユーモア溢れる歌詞と、夏目漱石や川端康成など言葉の表現の美しさを極めた日本文学に多大な影響を受ける。

3.11をきっかけとし、2011年ころより小説家・古川日出男、詩人・管啓次郎、翻訳家・柴田元幸とともに朗読劇『銀河鉄道の夜』の活動を開始。東北を中心に全国を訪れ、土地の音に耳を澄ます中、12年に全編フィールド録音による弾き語り作品「小島敬太」(HEADZ)を制作。以降、その手法は、東京国際文芸フェス、国際舞台芸術祭「F/T」、東京国立近代美術館などでのサウンドデザイン・パフォーマンスを経て、主催イベント「ラブナイト」へと引き継がれる。

今年3月、2014年から2年間に渡るラブナイトの終了とともに、キャリア初のスタジオ・アルバム「It’s a cry run.」をRainy Day Recordsをリリース。

歌日記(毎日更新): 小島ケイタニーラブ公式instagram
連載: SWITCH 小島ケイタニーラブとラブナイツ「歌はどこだ」
ブログ: ラブナイツ(小島ケイタニーラブ・伊藤豊・朝岡英輔)による「ラブナイト制作日誌」